fashion-journal

ファッションニュースを届けるポータルサイト

Home > 革靴の種類(定番以外編)

革靴の種類-ちょっと変わった靴

<Uチップ>
こちらも、定番の形の一種ですが、ちょっとバリエーションを持たせるという意味で、変わった靴といえます。

形状としては、つま先がUの字に縫い込まれたデザインの靴を指します。
Uチップの場合、ビジネスシューズで見かけることも多く、堅すぎず、ゆるすぎず、ちょうどよいポジションの革靴といえます。

モカシンの一種でもあり、コーディネートの幅広さから、さまざまなバリエーションの靴が出ております。素材で遊んでいるUチップの靴があったり、ちょっと変形型のものがあったり、シーンに合わせて遊んでみても面白いかもしれません。

いつも、定番のストレートチップや、プレーントゥを履いている人が、服に合わせて、Uチップを履いていると”洒落感”も増すでしょう。

<モンクストラップ>
モンクストラップは、紐靴ではなく、ストラップタイプの革靴で、片側でとめるタイプの革靴のことを指します。
そもそも、「モンク」とは修道僧のことを指す言葉で、それらの修行僧がはくような靴をイメージしているところにルーツがあります。

見た目も独特で、紐靴にない、スタイリッシュなデザインのものが多くあります。履き方によっては、派手すぎる印象になることもありますが、うまく、他のファッションとあわせることで、アクセントになり、お洒落のレベルも高くなる靴です。

シングルモンクと、ダブルモンクがあり、ストラップの本数が違い、デザインの濃さもダブルの方が濃くなる印象です。ダブルモンクの場合だと、カジュアル感も増し、カジュアルな服装でも、自然と溶け込む印象を作ることが出来ます。

<ローファー>
ローファーは、スリッポンなどと近しいもので、紐も、とめ具もなく、スリッパのように履けるタイプの革靴を指します。カジュアルな印象を持っており、プレッピースタイルといわれる、アメリカのオールドスクールファッションでは、アイコン的な役割を担っていたことで知られております。

その他の特徴としては、、コインの挟めるストラップがついていることがあったりして、「ペニーローファー」とも呼ばれることがあります。

汎用性が高く、靴下とのコントラストで楽しんだり、素足で履いて夏などのアクセントのひとつとしたり、様々な活用方法のある靴といえます。

また、学生のイメージを残しているため、カチッとした服装のはずしとして、履きこなすことも、おしゃれなイメージを残せるはずです。ローファーはここ最近(※2010年代)でも人気が再燃しており、おしゃれな靴のローテーションとして組み込んでいる方も多くなっているようです。

このように、革靴の形ひとつ取ってみてみても、様々なタイプの形状があり、それぞれ、特徴があるものです。こうした知識をベースに持ってファッションを楽しむことでよりお洒落レベルもあがるものです。”

是非、バリエーションを考え、自分のお気に入りの組み合わせを見つけていってください。

新規コメント

*


  • オリジナルバッグありますジョリサック⇒ADMJ